【イベント】12月のあなたへ

吉祥寺のmahikamanoにてイベントを実施します。
9/24日曜日の午後です。

心に浮かんだ三語を教えてください。
その言葉をもとにして、私が絵を描きます。
絵は三ヶ月後の12月にお届け予定です。

三ヶ月後の自分宛に、または三ヶ月後の誰かさん宛に、絵手紙を送るというわけです。

ライブドローイング

府中駅に隣接して駅ビルができます。
2017年7月15日にオープニングイベントがあります。

ビル内の府中市民活動センタープラッツの会議室にて、壁にお絵描きをすることになりました。
府中の町の絵をみんなで書きます。

だれでも参加できます。
壁が絵で埋まる前にぜひ遊びにきてください。

イベントのお知らせページ
http://www.fuchu-cpf.or.jp/fuchu-platz/topics/pickup/1002001.html

表現してみる

2014年にご縁あってデザインさせていただいた「保育士マーク」を広げる活動が、今年になって再始動しはじめました。この保育士マークを作ることになったのは、町中で手助けが必要な親子に居合わせたが声をかけることができず、もどかしい思いをしたことのある保育士の方のつぶやきが発端でした。

保育士だけでなく、日々の子育てでちょっとした手助けをしようとしても、相手に不審がられたり、余計なお世話と断られたりなどしないだろうかという心配から、一歩が踏み出せなかった経験のある人が沢山いることが分かりました。

妊婦さんのマークのように、「私こどものことで困ったら手助けできますよ」という意思表示ができるマークが有ったら、もっと動きやすくなるかもしれない。本当はマークなどなくても、お互いに声を掛け合う優しい気配りと気軽な声の掛け合いができることが理想ではありますが、マークがあることで、小さく踏み出す一歩のお助けになるかもしれません。

https://allabout.co.jp/gm/gc/442791/

私もこのマークをつけて町に出てみました。
マークをつけているだけで、背筋が伸びる思いです。

代表の小笠原舞ちゃんの話を聴きながら、こうやってマークをつけて意思表示をすること、表現してみることは、大切だなと改めて実感しました。相手にどうこう以前に、自分のありたい姿を、心折れずに保ち続けることができる目印だから。

困っている人がいたら、助ける。
当たり前のことですが、ぱっと動けなく、その場で何もできないまま立ちさってしまい、心苦しい思いをしたことが、何度もあります。

自分に厄介なことがなければヨシとする”事なかれ”主義が、年を重ねるにつれて、じわりじわりと自分の心を蝕んできたのだろうと考えました。

保育士マークの力を借りて、小さな一歩を踏み出す勇気を取り戻したいです。
そして、このマークがなくても、お互いに助けたい、声を掛け合う社会を作っていきたいです。

たいうえお

今年も田植えの季節がやってきました。
週末の天気を心配していましたが、見事に晴れました。

0歳の双子ちゃんを含めて総勢20名と大人数での田植えとなりました。

功先生のレクチャーの後、田植えが始まりました。
最初はおそるおそる苗を地面に挿し入れていましたが、慣れれば手際も良くなり、姿勢も安定してきました。いつか誰かが尻餅をついて大笑い、というハプニングを期待しているのですが、今年も安定の優秀なメンバーです。

taue_first

taue2017

こどもたちは、最初のうちは田んぼの横の小川で遊んでいましたが、苗を渡すお仕事を任せるとやるきスイッチが入ったのか、働きアリのごとくせっせと働きはじめました。「任せる」って大切…。

こどもたちの仕事で特に難しいのは、田んぼの脇から田植えをする大人たちに苗を渡す作業です。アンダースローでふわりと投げないと、泥が飛び散るだけでなく、手の届かない落ちることもあり、それはもう大変なことになります。何度か大人達の叫び声を聞きました。ビチャ!と苗が落ちる音も聞こえました。

途中から、苗を投げずにバケツリレーの要領で大人同士で受け渡しをする作業に変更されました。それでもこどもたちの役割は同じ。田植えの進行に応じて、最後まで苗を供給しつづけてくれました。ありがとう。

午前中の肩慣らしの田植えが終わったら、昼ごはんです。
私が田植えに毎年参加する目的の半分は「おいしい昼ごはん」、残りの半分は「おいしいおやつ」です。

taue_lunch

食後、みなさんの似顔絵をかいたカードをおみやげに渡しました。
前回のイベントでみんなの顔を覚えるために書いたメモが好評だったので、今回は個別にカードで用意しました。喜んでいただけてよかったです。

taue_gift

午後に田植えを再開しました。
Jizaiの敷地から田んぼまでは、徒歩十分ほどの距離です。
散歩がてら景色を眺めながら坂を下っていきます。

午後の太陽は高く、もう夏のような日差しです。
喉が渇いたというこどもたちのリクエストに応じて、人数分のコップとお茶を用意しました。

こどもたちが皆のお茶を入れてくれました。自分たちで仕事を見つけて動いてくれるのが嬉しくて、わんこそばのように次々とついでくれるお茶を、全て飲み干しました。

午後に着手した田んぼは、左右非対称なので、等間隔で植えていくには工夫が必要です。
等間隔に印をつけたガイド線を田んぼの両端に張り、そこから垂線を下ろすように追加のガイド線を張って植え付けの目印にしました。

口数も少なくなった午後三時前に、少しの苗を残して田植えが終了しました。
川で手と足を洗い、坂を登ってJizaiに戻りました。
みんなの頭にうかぶ言葉は語らずともわかります。「おやつ、おやつ!」

taue_dango

四角い大テーブルに並んだ、丸い皿・丸い団子・丸いクッキー・丸い桃。
それを囲むまるまるほっぺのこどもたち。「まるい」は「かわいい」と同義です。

しばしの沈黙の時間は「おいしい」の代名詞。
その後、小皿を持ったこどもたちがわらわらと集まり、おかわりのために再び大皿を囲んでいました。

おやつのあとは山を散策。女の子たちは花を摘んでいました。途中からこどもの見守り係となった私は、なぜか「先生」と呼ばれました。摘んだ花をプレゼントされたのは嬉しかったのですが、その後、思いつきで命名された「くすぐり草」で終始こちょこちょ攻撃を受けました。集団行動で暴徒化した女子のパワーを思い知りました。

taue_girl

帰路は、大菩薩の湯で疲れを癒し、あえてのちょっとゆっくり時間の帰宅。
渋滞もひと段落しているし、何よりずっと塩山の風景に浸っていられるから。という言い訳。

今年の田植えも無事に終わりました。いっぱい光を浴びて、大きくなあれ!

taue_hana